HOME → あいさつ 

社長挨拶   工場長挨拶   品質方針   環境方針

社長挨拶

 森保染色株式会社は昭和21年に創立された各種繊維の染色加工業です。
 
歴史と伝統を受け継ぎハイテクを駆使して染め上げる“糸”特に自動車用のシートの染色は耐光がよく全国の車に使用されております。
 
私どもの染め上げた糸により、織り上げられた製品は衣料となり全国で販売されております。
 このような確かな安全と技術力を土台としての品質方針を定め、環境にやさしい製品作りに寄与して着実に成長しています。又60年来の高い技術力で、糸染めの分野によって地域に社会貢献しています。コーポレートガバナンスを行い、ソーシャルレスポンスアソシビリティーを負い、コンプライアンスと顧客の立場に立った経営を実践しています。イノベーションとマーケティングを行い当社のマイスター化を目指し、経験から得られる知識と知恵を元に、哲学でいう弁証法・帰納法・演繹法を使ってパラダイムシフトを起こす強い会社を目指します。

森保染色株式会社
取締役 社長 早川 典雄

工場長挨拶

 わが社は自動車内装材シートファブリックの糸染めを中心に自動車産業に貢献しています。又、60年来の高い技術力で糸染めの分野において地域産業に貢献しています。
 今後はさらに技術向上を目指してお客様に信頼される商品作りに努力していきます。

森保染色株式会社
工場長 不破 優治

品質方針

糸の染色加工を通じて全員の力で品質向上活動に努め、お客様の満足を得る。

                  行動指針
1.品質向上
 品質はお客様の満足をもとに決められるものである。
 営業・加工・物流など全ての活動において、品質向上を目指し行動する。

2.全員参加
 品質向上活動は、一人一人が与えられた役割を十分理解し全員参加で行動する。

3.継続的改善
 品質マネジメントシステムにより、継続的品質向上活動を推進し行動する。
 

環境方針

1、基本理念

  森保染色株式会社は「環境負荷の低減活動を通じて経営基盤の充実と地球環境保全に
 貢献する」という基本理念のもとに、糸の染色加工おいう企業活動を通じて人々の健康と
 豊かな社会の実現を目指すことを目的として、下記の方針を定める。

2、基本方針

(1) 活動、製品及びサービスの環境に与える影響を確実に把握し、当社にふさわしい
   以下の環境管理活動を実施する。
    1 省エネルギーの推進
    2 省資源の推進
    3 廃棄物の削減及びリサイクル推進
    4 有害な化学物質の環境への排出削減の推進
    5 環境に配慮した加工の提案

(2) 環境目的及び目標を設定し、有効性、適切性、妥当性を毎年見直すとともに
   環境マネジメントシステムを継続的に改善し汚染の予防に努める。


Copyright (C)2011,Moriyasu Dyeing Co., Ltd.

ページトップへ